特別企画4・栄養ドリンク2003

 何を隠そう栄養ドリンクが好きだ。
 実を言うと僕は栄養表記というものに結構弱い。栄養ドリンクに限らず栄養表記がしっかりとなされている商品(例えばカロリーメイトやウィダーインゼリーなんかもそう)には何故か抗いがたい魅力を感じる。例えそれが若干怪しげな商品名だったとしても。近所の店でバッタ物っぽい名前の栄養ドリンクを購入して飲んだという話を以前ここで書いたことがあったが、今回はそういうことで新年早々そんな非メジャー(独断と偏見による)栄養ドリンクを飲みまくることにした。その名も「栄養ドリンク2003」。睡眠時間が少なくなっているときに「滋養強壮・肉体疲労時の栄養補給」はまさにタイムリー。それではいってみよう。



リポサロンD

リポルタミンEX1500

イソビタンA

薬鳳フェルサ

ポラールD3000

ウエイビーD

ローヤルゼリーD

新グロンビターD

グリタン3000

ファイトドリンクG&G

ダブルファイト

※注・成分表示について

全部一気に見たいひとは
こちら


 新年早々風邪を引いた。僕に限らず研究室の人もほどんど風邪を引いていた。もはや蔓延だ。そんな時、ちょうどタイミングよくこの企画のために買い込んでいた栄養ドリンクが多量にあった。本当は疲れ気味のこの時期、1日1本のペースで飲んでいこうと思っていたが、その前にダウンするわけにはいかなかったので結局3日間で一気に飲み干してしまった。「1日1回1瓶」とは書いているが、「同様の飲料を飲んではいけない」との表記はどこにもない。僕は1日に3本飲もうが4本飲もうが1種類につき1日1本しか飲んでいない。ちゃんと用法は守っている。
 効果だがこれは確かに効いた。ネーミングが若干怪しかろうと値段がいくらかリーズナブルだろうと確かに効いた。薬には閾値というものがあるが、一本のときよりは効いたように思う。尿は真っ黄色になってしまったが、おかげで僕は最低限、学校を休まずに済んだ(土・日で殆どを飲み干したので休みを挟んでいたということも関係しているのだろうが)。
 最近のこのレベル(ユンケルまでいかないレベル)の栄養ドリンクは随分飲みやすい。連続で飲むことに対しても全く躊躇しない。この飲みやすさと値段で効果が得られるなら決して高い買い物ではないと思う。体調不良や疲労時には是非ともお勧めしたい。しかし効能・効果で「虚弱体質」と書いてあるのはどうだろう。のび太くんみたいな子でも栄養ドリンクを1日1本、毎日飲み続けたらジャイアンみたくなったりできるのだろうか?それは些か疑問ではある。
 ともかく、結論としてはこれからも栄養ドリンクを愛飲していきたい。


おしまい




ホームへ戻る